散骨の広がりについて

subpage01

お墓の継続問題や様々なトラブルによって墓じまいをする方が増えています。
少子化による継承者がいなくなること、や代々のお墓の維持管理に関する負担、様々なことに関しての簡素化の傾向などによって近年人気が上がっている葬法が散骨です。


これは大海原や野山に遺灰を撒くという方法です。
継承するお墓というものではないので、自由でロマンあふれる良さも人気の理由です。
また、散骨はその後のお金がかかることがないことも子や孫にお墓の費用面での負担をかけたくないという思いから選ぶ方が多いです。

散骨が最近話題になっています。

男の子を産むことでお墓を継承していくことが出来る伝統的な考え方のプレッシャーからも解放されることになります。
大海原の一部に、山全体の一部になることで大きな考えで子や孫を見守ることが出来るのです。

この世に生を受け、一生懸命生きてきて、最後はまたこの自然の一部に還るということはエコの考え、自然な考えとして現代だからこそそうありたいと考える方が増えてきてるものです。

YOMIURI ONLINE情報はすぐに役立ちます。

静かにゆっくり自然のまま永遠の眠りにつくというとても贅沢で美しい考えのもとにあります。
散骨することで、形として後世へ残すことは亡くなりますが、だからこそ心に残るものが大きくなることや、子孫への負担がなくなることが何よりものメリットになります。



散骨を請け負う業者も増えてきて、自分の手で撒く方法や、委託して撒いてきてもらうことなどもできます。
どちらもセレモニーが行われ、お別れの心の整理がつき、安心できるお別れができます。

知りたい情報

subpage02

散骨というものをご存じでしょうか。亡くなった方を荼毘に付した後、そのご遺骨を埋葬せずに細かく砕きご遺灰とし、野山や海、空などにまいて自然にかえすことです。...

NEXT

ためになるマナー

subpage03

散骨は、法務省が示した葬送目的として節度をもっておこなえば法的には問題はないという見解が契機となり日本全国で数多く執り行われていますが、国による法整備が進められていない為、地方自治体が独自に条例を制定するとともに一般社団法人や協会などの民間組織で拘束力の無いガイドラインを策定しています。その為、水源となる湖や河川、滝、海水浴場、観光地での散布は一般的に禁じられており、北海道長沼町や北海道七飯町、長野県諏訪市、埼玉県秩父市などでは遺骨の散布が事実上不可能となっています。...

NEXT

知りたいマナー事情

subpage04

最近では、お墓を持つ代わりに「散骨」という形を希望する人も増えています。死後は大自然に還りたいと希望する場合や、お墓を持つ必要を感じない場合、そしてお墓を作る経済的余裕がない場合など、その理由はさまざまです。...

NEXT

マナーの実態

subpage04

散骨は、大都市圏への過剰な人口集中や少子高齢化などの社会問題により、墓守をする継承者不足を懸念して行われるケースが増え、永代供養墓と比較検討される事が多くなっています。しかし、現在の利潤を追求する寺院や宗教法人では永代供養墓の永代とは名ばかりで、3回忌終了後に見ず知らずの人の遺骨と混ぜられて合祀供養されてしまうケースもあります。...

NEXT