究極のご葬儀と埋葬法としての散骨

subpage01

散骨というものをご存じでしょうか。

亡くなった方を荼毘に付した後、そのご遺骨を埋葬せずに細かく砕きご遺灰とし、野山や海、空などにまいて自然にかえすことです。


必ずしもご遺骨の全てではなく、亡くなった方の生前の意向などにより、一部分だけを自然にかえすという場合もあるようです。「自然葬」と呼ばれているお葬式の一種でもあります。

散骨情報選びを親身になってアドバイスいたします。

1990年代前半、市民団体によって、初めて散骨が行われたといいます。

日本には、「墓地や埋葬等に関する法律」というものがあって、法的に墓地とあらかじめ定められている場所以外にご遺骨を埋葬することはできません。


けれども、散骨に対しては、当時の法務省は「祭祀として節度をもって行われる限り違法性はない」とする見解を示しました。
その後次第に多くの方たちに知られるようになり、特に海洋散骨は、現代ではかなり一般的な葬送の一つとなっています。


専門の業者さんもいるほどです。

NAVERまとめ全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

ちなみに「自然葬」には、墓地として指定された山林などの樹木や草花を墓標としてご遺骨を埋葬する「樹木葬」と呼ばれているものもあります。

受け取り方は人それぞれでしょうが、いずれも究極的なご葬儀であり、埋葬方法といってよいのではないかと思われます。ただ、散骨を希望される場合、前もってよく調べておかなければならないこともあるようです。

ご親族の方たちに理解してもらうことはもちろんですが、気を付けなければならないのは、そればかりではありません。



ご遺灰を海にまく際には、それほど問題になることは少ないようですが、場所によっては、自治体への確認が必要になる場合があります。その土地を所有されている方やそのお近くの方たちが納得されているのかも当然重要なことです。
見送る方たち、逝かれる方、どなたにとっても大事な儀式です。
トラブルが起きないよう、細心の注意をはらってとり行うべきでしょう。